2019年12月24日(火)講演会「演題:四国地図測量の原点『西林村基線』について」

阿波市阿波町西整理に現存する、歴史ある一等三角点をご存じでしょうか。

 

この度、「四国の地図測量発祥地保存会」の皆さん主催により、

講演会が開催されることになりました。

 

現代のような便利な道具がない中、

昔の人はどのように長い距離を測量したのでしょうか。

 

『三角点とは、なんぞや?』という方も、

ご存じの方もきっとためになる講演会です。

気になる解答が聞けちゃうかもしれません。

皆さま、奮ってご参加ください。

 

★★★★★★★★★★

【日時】2019年12月24日(火) 15:00~16:00

【場所】阿波市立 土成歴史館(土成町土成丸山1-1)

【講師】東明(しのあき) 省三 先生

    (元 日和佐高等学校校長)

【演題】四国地図測量の原点「西林村基線」について

【主催】四国の地図測量発祥地保存会

【お問い合わせ】事務局 090‐8976‐3334(川人美夫)

【後援】阿波市教育委員会 阿波市観光協会

関連ファイル
ダウンロード