徳島県が生んだ唯一の首相である第66代内閣総理大臣三木武夫。その記念碑が令和2年3月、土成町の実家跡地に建てられました。その完成に際し、ここでは、三木武夫の人となりと功績、故郷土成との関わり、そして記念碑設置の経緯についてご紹介します。



三木武夫について

1)経歴

1907年(明治40)、徳島県板野郡御所村(現・阿波市土成町)で、三木久吉・タカノの元に生まれた。遅くにできた一人っ子で、両親の愛情をうけ、大切に育てられた。子供の頃の成績は目立たなかったが、人前で臆せず話し弁が立ったという。

御所村尋常高等小学校を卒業後、徳島県立商業学校、中外商業学校にて弁論部で活躍。明治大学法学部に進学し、雄弁部に所属しキャプテンを務める。約一年に及ぶ米国遊説旅行をした後、欧洲へ渡り各国情勢を見て回った。その後、四年にわたり米国に留学し、学業のほかに講演、新聞記者、教員、貿易など様々な経験を積み見聞を広めた。

1937年、明治大学法学部を卒業とほぼ同時に、衆議員選に立候補。当時最も若い30歳で初当選し、連続19回当選。議員在職は51年に及んだ。運輸相、通産相、外相、環境庁長官などを歴任し、1974年、田中角栄首相の退陣を受け、第66代内閣総理大臣に就任。1976年退陣。1988年(昭和63)、議員在職のまま81歳で死去。国会議事堂の衆議院玄関には「衆議院名誉議員」として尾崎行雄とともに胸像が置かれた。菩提寺は土成町にある神宮寺。

2)政治家・三木武夫

三木は、自らを「議会の子」と称し、議会制民主主義に立脚した政治を大切にした。「人、信無くば立たず」を座右の銘とし、政治は国民の信頼を得なければ成立しないとの信念から、国民との対話である演説に全力を尽くした。小柄だが声は大きく良く通り、自分の言葉で語りかける演説には人を惹きつけ納得させる力があった。

青空市場での対話

派閥政治を嫌い、党の近代化をすすめるとともに、一貫して金権政治を批判し、政治浄化を訴えた姿勢から「クリーン三木」とも呼ばれる。三木内閣では政治資金規制法の強化に取り組み、政治家人生をかけた課題とした。

サンファン・サミット

また、青年時代に海外を巡り世界情勢を見て政治を志したことから国際派政治家として知られた。対話による外交が世界平和への道であるという思いから、各国首脳と積極的に会見し、国際的人脈を築いた。アジア外交重視の姿勢を見せ、オイルショック危機に中東を歴訪して中東和平を説き、総理就任中に始まった先進国首脳会議に初回から出席し南北問題を提起、また日中国交正常化に尽力した。


故郷とのかかわり

1)三木を育てた時代と土成町

三木武夫が生まれ育った明治末期から大正にかけては、産業経済が発展し、デモクラシー思想が移入した近代日本の変革期であった。全国津々浦々で弁論活動が盛んになる中、弁論が得手だった三木は小学校や徳商でも実績を積み、社会の課題へと目を向けていった。

当時の土成町は、温暖だが水利に乏しい畑作中心の農村で、徳島県の中でもとりたてて裕福な土地ではなかった。三木家自体も、農業と肥料商をしていたとはいえ、富農だったとは言えない。こんな片田舎の農家から、弁論を武器に身一つで中央へ世界へと出て行き、一国の首相にまでなった三木の強さ、それを可能にした時代と、支えた地域の懐の深さを思わずにいられない。

土成には三木武夫関連スポットがいくつかある。土成歴史館には勉強机や洋行トランク等の所持品、書などの資料を所蔵している。土成町図書館には中庭に自身が植樹した木があり、土成中央公園には孤高に風に立ち向かうかのような銅像が立っている。

土成町史より
土成町史より

2)土成中学校 校歌

金権政治を排し利益誘導を好まなかった三木が、故郷に残した最も大きな遺産は、土成中学校の校歌だといえよう。同校の校歌は三木武夫自身による作詞、作曲は同じく明治大学出身の古賀政男である。昭和37年、母校の御所尋常高等小学校が合併して土成中学校が創設された際、当時の町長と初代校長の依頼を受け、激務の合間に作詞したと言われている。

若き日に理想に燃え大志を抱いた三木の熱い思いを色濃く反映した歌詞であり、古賀政男作曲の重厚でドラマチックなメロディとともに、壮大な世界を想起させる特徴的な校歌となっている。青少年の育成にも心を砕いた三木ならではの、故郷への贈り物だといえる。

「土成中学校校歌」
作詞 三木 武夫
作曲 古賀 政男

1.吉田が丘の 青嵐

  語るか栄枯は 夢にして

  祖国の歴史 悠かなり

  若き生命の 尊しや

  ああ われらが

 われらが土成中学校

2.阿波の大野に 夕されば

  月影皎し 高越山

  げに若き日の 暮れやすく

  いどめばきびし 学の道

  ああ われらが

    われらが土成中学校

3.阿讃の山脈 空に尽き

  吉野の流れ 遠白し

  大志は胸に ふくらみて

  若き瞳は かがやけり

  ああ われらが

    われらが土成中学校 

自筆歌詞・土成歴史資料館所蔵
自筆歌詞・土成歴史資料館所蔵

3)実家

 三木武夫の実家は、農業用の肥料を扱う商売をしていた。実家の家屋(~2019年)は決して贅沢なつくりではなく、むしろ質素で、学校のような佇まいであった。

選挙の時は事務所として使われ、大勢の人が出入りした。三木が帰郷した際には、「先生が帰っとるけんお話を聞きに行こう」と近所の人が集まって、演説会のようになったという。

土成町史より

三木武夫記念碑について

1)経緯と概要

土成町御所にあった三木武夫の実家跡地は、親族により平成30年に阿波市へ寄贈された。阿波市は、遍路道沿いでもあるこの地をおもてなし公園として整備。その一角には、市民の手で三木元首相を偲ぶ空間を作ることになり、三木武夫記念碑制作委員会が発足した。委員会では、阿南工業高等専門学校創造技術工学科の学生にデザイン提案を依頼。学生は、地域で受け継がれている三木のイメージを聞き取りなどで丁寧に掘り起こし、形にあらわした。

その結果、三木元首相の信念であった「人、信なくば立たず」の言葉を刻み、人の文字をかたどった碑を作ることになった。なお、この書は、祝賀の際に地元で配られた袱紗に印字されていた三木武夫自筆によるもので、論語の「無信不立」の上に「人」を加えた、三木独自のものとなっている。また、記念碑の土台部分には、実際に母屋の家屋下に使われていた基礎石を並べて配置し、三木武夫の足跡をより身近に感じられるものとした。

記念碑設置により、ふるさとの誇りである三木元首相をしのび後世に伝えられるとともに、お遍路などで訪れる国内外の方々にも三木元首相の足跡とその精神に触れられる場所となり、交流の拠点となることを目指している。

また、おもてなし公園内にあるケヤキは、かつて「三木」を意味して植えられた三本の株立ちである。中庭には三木武夫が好んだハナミズキの木があり、その下には母屋の上り口に置かれていた踏み石が残されており、記念碑と併せて三木を偲べるものとなっている。

阿波市おもてなし公園(阿波市土成町吉田 三木邸跡地)
記念碑

2)三木武夫記念碑制作

◇企画:三木武夫記念碑制作委員会
◇デザイン:国立阿南工業高等専門学校創造技術工学科学生
◇工事:日本石材センター㈱/㈲原コーポレーション/㈲桑村石材工業
◇協賛:制作費については、地元自治会をはじめ阿波市内、徳島県内、及び全国に広く呼び掛け、合計673名の個人、団体から協賛金を頂き記念碑完成に至った。(※五十音順敬称略。公表応諾者のみ以下掲載)
◇竣工:令和2年3月17日

粟飯原一平, 相原瑛生, 青野透, 赤松晃一, 赤松貴右, 赤松行正, 秋本竜宏, 浅野健二, 浅野宗三, 浅野仁志, 浅野忠利, 浅野輝久, 東功, 阿部昭人, 阿部謙一郎, 阿部哲夫, 阿部徳男, 天野秀司, 荒尾智章, 伊坂武士, 井澤滋夫, 井澤好幸, 石田志郎, 石動満良, 磯田昭生, 糸谷吉行, 稲井馨, 稲井清子, 稲井清, 稲井慎治, 稲井孝良, 稲井哲也, 稲居ヒロ子, 稲井冨士男, 稲井泰隆, 稲井裕, 稲井雄二, 稲井幸之助, 稲井由美, 稲井吉信, 稲井嘉正, 稲井英夫, 稲垣英子, 井上薫, 井上茂治, 井上タカコ, 井上隆, 井上正延, 井上義一, 井上英二, 井原まゆみ, 今出宏, 井本慶徳, 岩野元一, 岩野孝昭, 岩野高一, 岩野達, 岩野晧, 岩野正夫, 岩野宗夫, 岩野豊, 岩野芳弘, 上原俊人, 上原敏宏, 鵜飼敏議, 鵜飼日出子, 江澤寿美恵, 尾池硬, 大木秀明, 大北茂利, 大北信行, 大北英昭, 大久保公, 大窪利彦, 大久保博司, 大久保政雄, 大窪芳晴, 大坂佳史, 大塚桂三, 大塚茂, 大塚照夫, 大塚智, 大塚晧司, 大塚文夫, 大西公宏, 大西宏, 大野久男, 大松剛, 大松富夫, 大松直, 大松秀弘, 大森一忠, 小笠原章, 岡田欣次朗, 岡田啓伸, 尾形信之, 岡田正, 岡田勝, 小賀野啓, 小賀野信茂, 小賀野善則, 小賀野武, 小賀野フジ子, 小賀野誠, 小賀野守, 小賀野義一, 岡本弘, 岡山美佐子, 長功, 尾田稔子, 小田隆之, 蔭西一仁, 籠谷茂, 笠井恭子, 樫田薫, 樫田久次, 樫原春雄, 樫原美子, 柏木君子, 片岡康博, 片山勝雄, 片山喜一郎, 加藤勝一, 加藤博明, 門田直也, 兼松史郎, 兼松宏子, 兼松正文・満, 兼松義行, 鎌田常次, 香美博行, 上藤啓治, 川内昇, 川久保芳文, 河崎良行, 川田将博, 河村由起子, 岸摂子, 岸本清二, 木田實, 楠淳一, 楠文男, 楠明治, 楠泰雄, 楠本傅, 国金正治, 国見義仁, 熊川貞芳, 組橋敬子, 組橋典章, 組橋政一, 組橋美代子, 久米紀代, 来島隆, 黒田尚美, 桑村幸孝, 小磯清子, 小坂昭, 小崎公也, 小杉利通, 後藤勝美, 後藤春枝, 後藤福男, 後藤豊, 後藤田英征, 小林章男, 小林覚, 小林秀樹, 小松茂文, 米里晋, 近藤淳, 近藤通弘・晴子, 近藤幸治, 斎藤道佳, 佐伯純子, 阪章子, 坂田隼通, 坂野明宏, 坂野明宏, 坂本正明, 坂本昌美, 佐川和枝, 左川憲和, 酒伊勝正, 笹登四夫, 笹田仁志, 下藤博之, 七條明, 七條幸子, 篠原照美, 篠原肇, 篠原光彦, 柴田育雄, 芝田英治, 柴田周二, 芝田仙吾, 芝田貴正, 芝田勝, 柴田安子, 渋谷一二, 澁谷和子, 澁谷謙次, 渋谷仁志, 渋谷誠児, 渋谷美知子, 澁谷元春, 澁谷良忠, 澁谷吉信, 島川ミヱ子, 島田健作, 清水武, 清水敏子, 清水満二, 庄野憲二, 新谷計次, 杉友孝昭, 杉原洋子, 鈴田孝志, 炭田ヨシ子, 住友明, 仙石和仁, 曽田正博, 外山喜平, 髙倉功夫, 高田律子, 髙橋一, 竹内桂, 武田和代, 武知洋一, 多田操, 多田豊, 立石裕子, 田中克彦, 田中久志, 谷口博史, 田根博茂, 玉田久子, 玉田正勝, 田丸鈴子, 田村健夫, 田村二男, 田村晴行, 田村宏, 田村勇二, 丹後正憲, 佃伸一, 津守恒美, 出口勇, 出口修, 出口利幸, 出口芳博, 鉄谷誠司, 東城克昌, 東城宏次, 東馬忠正, 東馬利幸, 富杉幸宏, 友江昭人, 友成栄子, 友成好次, 友成鶴子, 友成敏子, 友成豁, 友成正勝, 中内昭広, 中内修二, 中内利弘, 長尾啓太郎, 中川一雄, 中川和雄, 中川敬得, 中川新治, 中川隆司, 中川博, 中川博史, 中川道博, 中川義文, 長澤良治, 中筋定男, 中筋雅明, 長迫絵美, 長濱好人, 長濵武好, 長浜道夫, 中林忠, 中原隆志, 中原文男, 名倉佳之, 成谷英巳, 成瀬多賀一, 新居利巳, 新居友三郎, 新見健一, 新見才, 新見直史, 新見恒夫, 新見敏樹, 新見光二, 新見久子, 新見浩子, 新見将人, 新見正美, 西岡博昭, 西川政善, 西崎茂男, 二条和明, 二宮治夫, 二宮和美, 二宮康司, 二宮正二郎, 二宮真吾, 二宮登, 二宮秀男, 乃一明, 野上善弘, 野口明男, 野田茂, 野中進, 八田穣, 馬場幸代, 浜田博, 濱田眞喜雄, 林君江, 林宗雄, 原豊, 原田憲治, 原田政江, 原田勉, 原田文子, 原田実, 原田英子, 原田和生, 原田健二, 原田隆弘, 原田隼史, 張西郁男, 板東正, 板東敏之, 坂東保子, 板東由明, 板東洋子, 板東義雄, 坂東ヨシ子, 日浅哲仁, 東馬正義, 東山倍彦, 樋口哲彦, 平尾久美, 平尾貴之, 平岡功, 平岡高一, 平岡透, 平田弘, 廣島好彰, 廣島義和, 布川守, 福井徳明, 藤井徹, 藤崎昇, 藤田元, 藤本安利, 富士本道雄, 古田肇, 逸見顕成, 保坂真一, 細川陽子, 堀川俊造, 堀北茂生, 堀北重利, 本多康人, 前坂愛子, 前坂明, 前須賀元久, 前須賀弘之, 前田和正, 牧本勉, 牧本浩明, 牧本光明, 正本美智子, 正森啓司, 正森裕透, 増田功, 増田浩三, 増田茂, 増田正一, 増田伸二, 増田忠雄, 増田忠正, 増田利男, 増田年男, 増田ハルミ, 増田幸秀, 増田義則, 増田哲夫, 松浦一, 松浦健三, 松岡茂治, 松岡敬, 松岡孝行, 松下保, 松嶌慶祥, 松根八重子, 松野光, 松野光郎, 松村一正, 松村まゆみ, 松本修, 松本勤, 松本実, 松本隆男, 松本貴治, 松本英夫, 真鍋勝典, 丸岡初美, 三浦ミツ子, 三木一, 三木栄治, 三木啓司, 三木憲二, 三木晋, 三木誠司, 三木隆, 三木武, 三木哲雄, 三木光作, 三木光博, 三木正吉, 三木康壽, 三木洋一, 三木誠一, 三木信男, 三木睦男, 三木泰男, 三島栄次, 見島清子, 三谷元一, 三井宏, 光永篤二, 三橋清, 三橋晃, 三橋雄二, 湊憲治, 南明信, 三原保光, 美馬博司, 宮井みさを, 宮浦武夫,宮川治, 宮川哲也, 宮川量之, 宮崎政子, 宮田富保, 宮田昌孝, 宮西達夫, 宮西智,村井清, 村井孝, 村井博, 村井勝, 村尾晃一, 村尾秀雄, 村尾宏, 村上義明, 村山猛之, 村山千鶴恵, 村山秀文, 村山政廣, 村山泰紀, 村山義信, 村山雄一, 森賀代子, 森幸子, 森淳二, 森進二, 森徳広, 森敏夫, 森守, 森本昭, 森本則子, 森本浩幸, 森本文子, 八木義夫, 八坂和男, 八坂芳巳, 泰池輝, 安富祐大郎, 安丸和男, 安丸収一, 安丸正, 安丸徳広, 安丸弘二, 安丸昌秀, 安丸雅之, 安丸正行, 安丸光春, 安丸元一, 安丸行男, 安丸行雄, 矢野兵治, 矢野雅, 矢部謙二, 山内晃, 山内寿矩, 山川良作, 山口新二, 山口計一, 山下照子, 山田輝義, 山根正明, 山村清, 山村幸吉, 山村新二, 山村昇, 山村秀貴, 山村浩一, 山本一郎, 山本正行, 遊塚勇, 横田浩子, 吉岡恵美子, 吉岡拓, 吉岡良一, 吉兼幸夫, 吉兼伸之, 吉川守, 吉田世津子, 吉田英夫, 吉田ますみ, 吉成専資, 吉原茂, 吉間誠二, 吉村旭, 吉本健一, 吉本健二, 吉本憲二, 吉本公, 吉本茂, 吉本耕一, 吉本猛, 吉本忠, 吉本亨, 吉本秀男, 吉本三輪子, 若松昭人, 和田健, 渡井亨, 渡部匡章, ㈱四国建工, NPOあわみらい創生社, 板野郡農業協同組合, イタリアンジェラートドルチェ, 医療法人御所診療所, 美しの郷SORA, ㈱長迫工業, グリーンハーモニー合唱団, 御所園, 御所神社, ジェイエイ徳島燃料サービス㈱, 四国霊場第八番熊谷寺, しょうか苑, 高島石材店, 中華そば真心, 天然温泉御所の郷, 土成工業団地企業連絡会(オリジン㈱, キシダ化学㈱, 近藤化学工業㈱, 太陽ファスナー㈱,帝國製薬㈱, 西精工㈱, 山本光学㈱), 中本造林徳島㈱, 西野建設㈱, 雅洋蘭, 明治大学校友会徳島県支部, 吉本屋, ㈱岡田組, ㈱尾田建設, ㈱敬工務店, ㈱ナカガワアド, ㈱ワイヤーオレンジ, ㈲板坂組,  ㈲原コーポレーション, ㈲板金屋めぐ, ㈲正木金物店