第9番札所 法輪寺

山門

法輪寺本堂

四国霊場で唯一、涅槃像を本尊とするお寺

のどかな田園風景の中にたたずむ法輪寺。

八十八ヶ所中、唯一ここだけが涅槃像を本尊としており、弘法大師が刻んだと伝えられるその像は秘仏とされ、5年に一度開帳されます。また足の悪かった参拝者が、参道の途中で歩けるようになったという話から、足の病気に霊験があるとされ、本堂には健脚祈願の多くのわらじが奉納されています。

 

01

秘仏の開帳

弘法大師が刻んだとされる涅槃像は、次回は2020年2月15日開帳の予定です。

02

足の病気に霊験

健脚祈願の願をかけられた「足腰お願いわらじ」が奉納されています。

住所阿波市土成町土成字田中198-2
電話番号088-695-2080
その他徳島自動車道土成ICから車で約10分

JR徳島線鴨島駅で下車 タクシーで約15分  8番札所より約2.5㎞  10番へ約4.4㎞