阿波の土柱 国の天然記念物

悠久の時の流れが生み出した「四国八十八景」のひとつ。

「阿波の土柱」は、太古の昔より土や砂礫が堆積した土地が隆起し、雨水の浸食によって削られ、長い長い年月をかけて形造られた大地の芸術。いくつもの土の柱やカーテン状の襞が林立し、見るものを圧倒します。土柱は昨年、四国らしさを感じられる素晴らしい景観「四国八十八景」のひとつに選定されました。観察できるいくつかの土柱のうち、一番大きな波濤嶽(はとうがたけ)は、昭和9年5月1日、国の天然記念物に指定されています。

01

異なる表情を見せるいくつかの展望台

正面展望台(上・下二つあり)からは約100万年前の地層が真近で見え、四季の自然を楽しみながら遊歩道を散策できます。
波濤嶽(はとうがたけ)頂上の展望台からは、土柱を足元に見下ろせ、スリリングな景観を楽しめます。
入口から入って左手斜面に上るハイキングコースを登り切った頂上には東屋があり、お弁当を持って上がるもよし。はるか吉野川下流の平野や眉山まで見晴らせる絶景がひろがります

02

幻想的な夜の土柱

夜はライトアップされており、昼間とは違った幻想的な土柱も見ることができます。

03

遊歩道沿いの句碑や歌碑にも注目

土柱は古くから文化人や芸術家に愛されてきました。入口から続く遊歩道沿いには、高井北杜の句碑、野口雨情の歌碑等があり、その感性に触れることができます。

04

広場で遊ぼ、花見しよ!

土柱そよ風広場は子供連れで遊ぶのに最適。
また春は桜が咲き、お弁当を広げる家族連れでにぎわいます。

INTERVIEW

店主・スタッフにインタビュー

土柱はいわば自然そのもの。風雨の影響を受け、今なお刻一刻とその姿を変えている天然記念物です。その時しか見ることのできない土柱に出会いに来てください。
住所徳島県阿波市阿波町桜ノ岡
電話番号0883-35-4211 (阿波市観光協会)