やねこじき・de・町おこしの会

おもてなしの心を次世代に

400年以上もの歴史あるやねこじき文化を継承し、地域の活性化をすることを目的に
リニューアルしたやねこじきで市場の町を輝かせるよう活動している会です。

01

やねこじきとは?

江戸時代、阿波藩主蜂須賀様が、作物がとれず貧しい農民の救済のため租税を免除した際、農民たちはそのお礼として、手作りの人形を飾り、巡視に訪れた藩主を歓迎したことが始まりと言われている。
「やねこじき」という伝統行事が続いてきた背景には、蜂須賀様の「御判物」に助けられ、自分たちで開墾し市を開き、にぎわいのある市場町に発展していった誇り、感謝の気持ち、おもてなしの心が強く地域に根付いている賜物だと感じている。

02

やねこじき資料館

竹虎堂さんのご厚意で2階をお借りして、常設の「やねこじき資料館」をオープンさせていただきました!
開館に当たっては、たくさんの方から資料を提供していただき、感謝しております。
この場所が地域の皆様の楽しい交流の場所となりますようにとの想いです。

やねこじき資料館 9:00~18:00(原則)
入場無料
竹虎堂本店2階【阿波市市場町市場町筋83】

03

開催しているイベント

春には「さくら祭り」秋には「やねこじき」を開催します。
出会いマルシェや武者行列などで賑わいます!
その他のイベントや交流会などは随時ホームページやFacebook等でアップしていきます。

04

リニューアルへの思い

今までのやねこじきとは違い、お金をかけずに手近な素材を使って、
【県内外問わず、テーマ自由、素材自由】で作品を公募していきます。
かつて400年前に蜂須賀様を迎えたであろう時のように、原点に戻り、心のこもったおもてなしをしていきます。

05

次世代へつなぐ

手づくりアートという文化を通じて、子どもから高齢者の方まで世代間交流を伝えていく。
やねこじきは現在は市場町だけでの開催ですが、いつかは阿波市4町まで広げて行きたい。
みんなで盛り上げましょう!

INTERVIEW

店主・スタッフにインタビュー

春のさくら祭りでは2000人強の来場者があり大盛況でした。
スタッフ一同ますますやる気になり、今後のやねこじき本番に向け、
取り組んでいます!
営業時間やねこじき資料館 9:00~18:00(原則)
竹虎堂本店2階【阿波市市場町市場町筋83】
URLhttps://yanekojiki.web.fc2.com
facebookhttps://www.facebook.com/yanekojiki/
お子様ウェルカム